欧米で人気の

愛犬の健康増進のための

植物性100%

ドッグフードとおやつ

 

 

 

 

 

 

 

愛犬の健康を

植物で創造する

Vプラネット

サポートします

 

 

 

 

 

商品一覧


 

★ロングセラー商品★

犬用ヴィーガン総合栄養食「Vプラネット」がついに日本上陸!小粒でサクサク食感だから子犬から老犬までおすすめ。犬は植物性の食事で健康になることができます。AAFCO(米国飼料審査官協会)の栄養基準をクリア☆

Vプラネット・小型犬用1.98キロボックス(1袋142グラム個別包装14個入り)
3,960円(税込)

 

 

 

★新発売★

おいしいおやつ2種類ブルーベリー味とピーナッツバター味が新登場!素材の味だけを楽しめる香りの良い100%ヴィーガン犬用おやつ☆USDA(米国農務省)からオーガニック認定を受けています。

Vプラネット・オーガニック
プレミアムビスケット

(ブルーベリー味&ピーナッツバター味)

2個セット2,900円(税込)

 

 


Vプラネットについて


 

 

Vプラネットは、愛犬の健康と地球(プラネット)環境の持続性への願いを込めたブランド名。おいしくて、植物性で愛犬に必要十分な栄養をバランス良く含み、他の動物を犠牲にしないドッグフードとおやつです。

 

100%ヴィーガン / プラントベース(植物性)のプレミアム総合栄養食

AAFCO(米国飼料審査官協会)の栄養基準をクリア

必須アミノ酸をすべて含む良質なタンパク質を24%含有

獣医師と動物栄養学者チームの監修

 

Vプラネットは高品質のエンドウ豆、レンズ豆、フラックスシード、キヌア、オーツ麦、野菜や果物など、スーパーフードをベースにし、選りすぐった100%植物性で良質の原材料で作られた総合栄養食です。

 

Vプラネットの歴史
Vプラネットのドッグフードは、2005年アメリカのカリフォルニア州に住むヴィーガンファミリーによって作られたヴィーガンドッグフード「Vドッグ」の輸出用ブランド。ヴィーガンファミリーが16年間の長きにわたって犬の健康、地球環境保全、動物愛護に配慮した商品を提供してきました。発売から16年、現在では世界11カ国以上で愛されるヴィーガンドッグフードとおやつの老舗です。(米国本土ではv-dogとして販売)

安心安全な原材料のみ使用
Vプラネットは、小麦、大豆、とうもろこし、動物性原材料などアレルギーの原因になりやすいものや、毒素の多い畜産廃棄物、合成着色料や香料を含まない安全な原材料のみで作られているので、安心して愛犬に与えることができます。

Vプラネットに入れてないもの
Vプラネットでは小麦・グルテン・トウモロコシ・大豆・遺伝子組み換え材料・アレルゲン・動物性原材料・畜産廃棄物・合成着色料・合成香料・増量材は使用しておりません。

原材料:エンドウ豆、挽きオーツ麦、エンドウタンパク、挽いた玄米、ジャガイモタンパク、菜種油(混合トコフェロールで保存)、醸造用乾燥酵母、アルファルファミール、天然植物性フレーバー、挽いたフラックスシード、炭酸カルシウム、リン酸カルシウム、レンズ豆、挽いたキノア種子、塩、塩化カリウム、塩化コリン、タウリン、チコリの根、ニンジン、DL-メチオニン、ブルーベリー、ビタミン(ビタミンEサプリメント、ナイアシンサプリメント、ビタミンAサプリメント、D-パントテン酸カルシウム、チアミン硝酸塩、リボフラビンサプリメント、ベータカロチン、塩酸ピリドキシン、ビタミンDサプリメント、葉酸、ビオチン)、ミネラル(硫酸銅、ヨウ素酸カルシウム、硫酸鉄、酸化マンガン、酸化亜鉛、酵母セレン、銅タンパク質、鉄タンパク質、亜鉛タンパク質、マンガンタンパク質)、ほうれん草、りんご、さつまいも、クランベリー、L-アスコルビン酸2リン酸(ビタミンC活性源)、ユッカシジゲラエキス、L-カルニチン、ローズマリーエキスすべての成分、ビタミン、ミネラルは完全植物由来(ヴィーガン/プラントベース)

 

保証成分
 粗タンパク質 最低24%

粗脂肪 最低9%
粗繊維 最高5%
水分 最高10%

 

カロリー内容
3300 キロカロリー/kg
330 キロカロリー/ 100g

 

 

 

 

 

Vプラネットのビスケットは、オーガニックのそば粉、フルーツやナッツ、野菜、フラックスシードやシナモンなどで作られているのでナチュラルでヘルシー。

 

オーガニックのスーパーフードがたっぷり

ヴィーガンプラントベース(動物性材料不使用)

米国で製造後すぐ日本へ直輸入 

食いつきバツグン 

小麦や大豆、グルテン、とうもろこし、遺伝子組み換え材料、合成着色料や香料、増量材不使用 

オーガニック認定はUSDA(米国農務省)

 

 


 

 

 

ブルーベリー味

原材料:有機そば粉、有機ココナッツフレーク、有機ブルーベリー、有機ココナッツオイル、有機ケール、有機生姜、混合トコフェロール(天然由来。鮮度を維持するために添加)

 

 

 

 

 

 

ピーナッツバター味

原材料:有機そば粉、有機ピーナッツバター、有機ピーナッツ粉、有機バナナ、有機ココナッツオイル、有機フラックスシード、有機シナモン、混合トコフェロール(天然由来。鮮度保持をするために添加)

 

 

 

 

 

 

 

大切なのはフード選び!


 

 

既存のドッグフードには何が入っているか
現代ではほとんどの食肉は工場式畜産で作られており家畜には成長ホルモンと抗生物質が投与され、遺伝子組み換えの穀物が与えられ、狭く不衛生な状態で生かされています。残念ながら、畜肉には汚染物質がたくさん含まれています。ペットフードのメーカーは、人間が食べられない「4-D肉」(コストを削減するために「病気diseased、障害のあるdisabled、死にかけているdying、または死んでいるdead」動物の肉)をペットフードに使用します。食肉処理場から来る家畜の皮膚、腱、脳、内臓、生殖器官などや、人間の消費に適さないと見なされるすべての身体部分は、他の安価な肉の供給源(腐った食料品店の肉、交通事故にあった動物、安楽死させた動物など)とともに「レンダリング(肉骨粉)工場」で粉砕と加工をされてペットフードの主原料になっています。

ペットフードから生物凝縮由来の毒素を取り除く
これらのペットフードは、動物が食べた毒素が体内で凝縮する「生物凝縮」のせいでしばしば高いレベルの汚染物質が発見されるため、企業により回収(リコール)されることがよくあります。一方、植物性プラントベースのドッグフードなら、動物性原材料由来の凝縮された汚染物質を体内に入れることなく、必要な栄養がすべて摂取できるので安心できます。

 

獣医師からの推奨
多くの獣医師は、愛犬のために完全でバランスの取れたプラントベースの食事を推奨しています。 米獣医師のリチャード・ピットケアン先生(Richard Pitcairn, DVM)は、動物性ドッグフードから犬の体内に高レベルの毒素が蓄積していると判断し、患者の犬たちに植物性ドッグフードを推奨するようになりました。「結果は期待を上回り、多くの犬は食事を植物性に変えただけで症状が著しく改善します」と彼は言っています。

 

獣医師アーメイティ・メイ先生(Dr.Armaiti May, DVM)の犬の患者の多くは、皮膚の問題やアレルギーで先生に診てもらいに来ます。メイ先生は「ほとんどの場合、犬の食物アレルギーは、牛肉、鶏肉、またはその他の一般的な肉タンパク質に対するアレルギーで、アレルギー症状は通常、ヴィーガン食で解消されます。アレルギーに加えて、関節痛、肥満、糖尿病などの健康上の問題も、プラントベースの食事で改善されることがよくあります。」と言います。

 

 

16年間の実績
以上をお読みいただき、愛犬に必要な栄養素はすべてプラントベースの供給源から得ることができ、動物性原材料から摂取する必要がないことをおわかりいただけたと思います。2005年以来、Vプラネットを食べて何千匹もの犬が健康に過ごして来ました。ヴィーガン(植物性)のドッグフードはもともとアレルギーの原因になりにくく、消化に良く、炎症を起こしにくいものです。小型犬から大型犬までたくさんの犬がVプラネットを食べることで、長年の慢性症状から解放されました。 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

BLOG

ブログ

  • 2022/01/04
    新年、明けましておめでとうございます。 來美オンラインショップです。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 2022年も、Vプラネット製品が 皆様のご愛犬の健康増進に少しでも お役に立てるとうれしい...
  • 2021/08/13
    日頃から來美オンラインショップをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。また、Vプラネット商品をご利用いただきありがとうございます。誠に勝手ながら、以下の期間を夏季休業期間とさせていただきます。 &...
  • 2021/05/15
    弊社のホームページを開設いたしました。 タブレットやスマートフォンにも対応したレスポンシブwebデザインを取り入れています。 今後ともよろしくお願い申し上げます。  

一覧を見る